トップページ各課一覧市長室平成27年6月23日の市長室

平成27年6月23日の市長室

 初夏の候、市民のみなさまにおかれましては、益々ご活躍のこととお慶び申し上げます。

 さて、私も第16代土佐清水市長に就任し2年が経過しました。任期4年の折り返しを迎えるにあたり、市民のみなさまにお約束した公約の進捗状況につきまして報告させていただきます。

 「子どもは宝」「若者は希望」「お年寄りは誇り」「命を守る」「絆は力」、この5つを基本施策に据え、8つの重点課題、そして32項目にわたる政策を公約とし掲げました。

 先ず一点目の「子どもは宝」子育て・教育環境の充実につきましては、食育の推進・学校給食の実施や、中学校卒業までの医療費無料化制度の継続など7項目 のうち、すでに6項目が実施済もしくは実施中、さらには任期中の実施に目途が立ち、現在、準備検討中であります。また、県下の自治体に先駆けて、小中学生 の生活習慣病健診の実施や歯科衛生士の配置など、保護者を含めた家族との健康への意識向上を目指すとともに、あわせて「ふるさと・土佐清水市」を誇りに想 う、豊かな人間性を育む取り組みを進めてまいります。

 二点目の「若者は希望」基幹産業の復興による雇用創出につきましては、集落営農の推進、林業活性化のための市内産木材利用補助制度の創設、魚価安定対 策、竜串・足摺地区の観光基盤整備など、掲げた7項目全てにおきまして、実施済みあるいは実施・実現に向け目途が立っております。さらに、ジオパークの推 進、竜串地域再開発をはじめ、観光産業を本市の戦略産業と位置付け、経済波及効果を高める施策を展開してまいります。なお、現在、日本国内のジオパーク は、世界ジオパークに認定されている地域が、室戸をはじめとする7地域、日本ジオパークに認定されている地域は29地域、そして本市のように準会員に登録 して、ジオパークをめざし活動している地域が17地域。計53地域、自治体数にして183市町村にのぼります。また、ジオパークに関心を持ち、日本ジオ パークネットワーク(JGN)準会員加盟を予定している地域も次々と名乗りを上げており、日本におけるジオパーク活動の現状は,大きな広がりを見せており ます。

 次に、三点目の「お年寄りは誇り」高齢者の生きがいづくりと地域で安心して暮らせる仕組みづくりでは、いきいきサロンなど高齢者の生きがいづくり事業の 実施や、宅配・訪問販売事業の支援など6項目中4項目が実施済みあるいは実施中であります。とくに、高齢者福祉計画及び第6期介護保険事業計画では、介護 予防拠点整備事業や介護予防日常生活支援総合事業など新規事業を積極的に導入したところですが、今後におきましても、常に高齢者の動向に注視しつつ、介護 需要等を的確に把握し、医療・介護・福祉そして生活支援などの充実に取り組んでまいります。またあわせて、無医地区における医師確保については、地方創生 先行型交付金を活用して、医師確保推進事業を実施。住み慣れた地元で市民が安心して医療サービスを受給できる体制整備に努めます。

 四点目の「市民の命を守る」南海地震に備え、集中的な対策の推進につきましては、危機管理課の新設、津波避難タワーや防災拠点施設などの避難場所の整備 や、自主防災組織の充実強化、災害時応援協定の締結推進など、6項目中4項目が実施済あるいは実施中でありますが、懸案事項である市街地バイパス高台ルー トの開通については、緊急輸送道路である国道321号の機能確保と防災対策の観点から、事あるごとに国・県への要望活動を行っていますが、今後のまちづく りを考える上で、極めて重要な事業であり、引き続き実現に向けて粘り強く要望活動を展開してまいります。

 最後に五点目の「絆は力」市民と市役所の絆を深め、市民の声を市政に活かし活気あふれる「まちづくり」を推進するため、(仮称)住民基本条例の制定や市 役所総合窓口の新設による市民サービスの向上など、現在進行中のものも含め、6項目中全てにおきまして、実施済あるいは実施中・実施に向けての準備中と なっております。特に(仮称)住民基本条例につきましては、住民座談会等を通して、広く市民の皆様の意見を集約するよう、取り組んでいるところでありま す。

 以上、公約にした32項目中27項目が実施済あるいは実施中、実現に向けめどが立っているものを含め、率にして84.4%の公約が実現できる見通しであ ります。残りの5項目につきましては、ハードルが高く,国・県の協力なくしては実現が難しいものもありますが、任期の折り返し点にあたり、あらためて初心 に立ち返り、市民の皆様とお約束した公約は、誠実に着実に実施できるよう、一生懸命に取り組んでまいります。

 また,併せて時代に即応した「新たな課題」「新たな事業」「新たな政策」「新たな目標」を的確に設定しながら、地方創生に向け、今後も市民のために職務を遂行していく覚悟でございますので、何卒ご理解・ご協力をよろしくお願い申し上げます。

平成27年6月23日
土佐清水市長 泥谷 光信

カテゴリー

このページに関するお問い合わせ
担当:土佐清水市 企画財政課 秘書係

住所:〒787-0392 高知県土佐清水市天神町11番2号

電話:0880-82-1113 内線:204

ファックス:0880-82-2882

メールフォーム

Copyright Tosashimizu All Rights Reserved.
ページの先頭へ