トップページ各課一覧危機管理課震度と被害の様子

震度と被害の様子

この表にはどういう意味があると思いますか?
発表される震度を聞いて、身近なところでどんな被害が起こっているのか想定し、すばやく対応するための手がかりにする。そういう目的がこめられています。 「このくらいの地震だったのか、へぇ~」と、ただ表と見比べるだけでは意味がありません。自主防災会などにとっては、次なる行動を的確、迅速にするためのガイドです。

「震度とマグニチュード(M)の違い」
震度とは、それぞれの場所での揺れの強さをいいます。マグニチュードとは、地震のエネルギーの大きさであり、地震そのものの規模を表す言葉です。 街灯を地震に例えると、電球が震源地、ワット数がマグニチュード、場所ごとの明るさが震度になります。ワット数が大きくても遠く離れていくと暗くなるように、一般的に地震も震源地から離れるほど震度は小さくなります。

震度と被害の様子
階級 人間 屋内の状況 屋外の状況
0 人は揺れを感じない。    
1 屋内にいる人のわずかな揺れを感じる。    
2 屋内にいる人の多くが、揺れを感じる。眠っている人の一部が目を覚ます。 電灯などの吊り下げ物がわずかに揺れる。  
3 屋内にいる人のほとんどが揺れを感じる。 屋内にいる人のほとんどが揺れを感じる。 電線が少し揺れる。
4 かなりの恐怖感があり、一部の人は身の安全を図ろうとする。眠っている人のほとんどが目を覚ます。 吊り下げ物は大きく揺れ、棚にある食器類は音をたてる。座りの悪い置物が倒れることがある。 電線が大きく揺れる。歩いている人も揺れを感じる。自動車を運転していて、揺れに気付く人がいる。
5弱 多くの人が身の安全を図ろうとする。一部の人は行動に支障を感じる。 吊り下げ物は大きく揺れ、棚にある食器類、書棚の本が落ちることがある。家具が移動することがある。 窓ガラスが割れて落ちることがある。補強されていないブロック塀が崩れることがある。
5強 非常な恐怖を感じる。多くの人が行動に支障を感じる。 棚にある食器類、書棚の本の多くが落ちる。テレビが台から落ちることがある。タンスなど重い家具が倒れることがある。 補強されていないブロック塀の多くが崩れる。自動販売機が倒れることがある。自動車の運転は困難になる。
6弱 立っていることが困難になる。 固定していない重い家具の多くが移動、転倒する。開かなくなるドアが多い。 かなりの建物で、壁のタイルや窓ガラスが破損、落下する。
6強 立っていることができず、はわないと行動ができない。 固定していない重い家具のほとんどが移動、転倒する。戸がはずれて飛ぶことがある。 多くの建物で壁のタイルや窓ガラスが破損、落下。補強されていないブロック塀のほとんどが崩れる。
7 揺れにほんろうされ、自分の意志で行動ができない。 ほとんどの家具が大きく移動し、飛ぶものもある。 ほとんどの建物で、壁のタイルや窓ガラスが破損、落下する。補強されているブロック塀も破損するものがある。

カテゴリー

このページに関するお問い合わせ
担当:土佐清水市 危機管理課

住所:〒787-0392 高知県土佐清水市天神町11番2号

電話:0880-87-9077 / ファックス:0880-82-2882

メールフォーム

Copyright Tosashimizu All Rights Reserved.
ページの先頭へ