トップページ各課一覧危機管理課まず、「気象情報」の理解から!!

まず、「気象情報」の理解から!!

気象情報を役立てるために、知っておきたい基礎知識

雨量の状況と表現(気象庁資料より) ※時間雨量20ミリを越えると、いろいろな被害がではじめます。

雨量の状況と表現
1時間雨量 予報用語 人の受けるイメージ 災害発生状況
10から20ミリ やや強い雨 ザーザーと降る 長く続く時は注意が必要
20から30ミリ 強い雨 どしゃ降り 側溝や下水、小さな川があふれ、小規模の崖崩れが始まる
30から50ミリ 激しい雨 バケツをひっくり返したように降る 山崩れ・崖崩れが起こりやすくなり、危険地帯では避難の準備が必要
50から80ミリ 非常に激しい雨 滝のように降る(ゴーゴーと降り続く) 都市部では地下に雨水が流れ込む場合がある。土石流が起こりやすい。多くの災害が発生する。
80ミリ以上 猛烈な雨 息苦しくなるような圧迫感がある、恐怖を感じる 雨による大規模な災害が発生するおそれが強い。

風の強さ

※m/s風速の単位。mは「メートル」、sは「秒(second)」のことで1秒間に風が何メートル進むかを表します。

風の強さ
平均風速 予報用語 人の受けるイメージ
10~15m/s やや強い風 風に向かって歩きにくくなる。
15~20m/s 強い風 歩くことができなくなる。高速道路での運転は危険。
20~25m/s 非常に強い風 体をしっかり確保しないと転倒する。車の運転は危険。
25~30m/s 非常に強い風 立っていられない。樹木やブロック塀等が倒れる。
30m/s以上 猛烈な風 屋外での行動は危険。屋根が飛ばされたり、木造住宅の全壊が始まる。

台風の大きさ

※表現で、「小型」とか「並み」という言い方はなくなりました。

台風の大きさ
呼び方 風速15m/s以上の半径
台風 500km未満
大型の台風(大きい台風) 500km以上800km未満
超大型の台風(非常に大きい台風) 800km以上

台風の強さ

台風の強さ
呼び方 最大風速(m/s)
台風 17m/s以上33m/s未満
強い台風 33m/s以上44m/s未満
非常に強い台風 44m/s以上54m/s未満
猛烈な台風 54m/s以上

カテゴリー

このページに関するお問い合わせ
担当:土佐清水市 危機管理課

住所:〒787-0392 高知県土佐清水市天神町11番2号

電話:0880-87-9077 / ファックス:0880-82-2882

メールフォーム

Copyright Tosashimizu All Rights Reserved.
ページの先頭へ