トップページ各課一覧こども未来課~令和元年10月から幼児教育・保育の無償化が始まります~

~令和元年10月から幼児教育・保育の無償化が始まります~

保育所、認定こども園等を利用する3歳から5歳児クラスの子どもたちの保育料が無償化されます。

0歳から2歳児クラスの子どもたちは、住民税非課税世帯を対象として保育料が無償化されます。

  無償化の範囲や上限額は、保育の必要性の認定の有無、住民税非課税世帯であるか否かなどによって異なります。
  土佐清水市が保育料を決定している世帯については、令和元年9月分以降の保育料は例年どおり9月に保育料決定通知書を送付します。

保育料(利用料)無償化対象施設・事業

無償化の対象範囲と上限額
施設・事業 対象者(クラス年齢) 無償化上限額(月額) 保育の必要性
保育所
認定こども園
(保育部分)
3~5歳児 全額 必要
0~2歳児
(※住民税非課税世帯)
認定こども園
(幼稚園部分)
3~5歳児 全額 不要
幼稚園・認定こども園(幼稚園部分) の預かり保育事業 3~5歳児 11,300円 必要(※ 注)
一時預かり事業等 3~5歳児 37,000円 必要(※ 注)
0~2歳児
(※住民税非課税世帯)
42,000円

※注 無償化の対象となるためには、住所地の市区町村に申請をし、新たに「保育の必要性の認定」を受ける必要があります。

カテゴリー

Copyright Tosashimizu All Rights Reserved.
ページの先頭へ