本文へ移動
観光情報

高知県土佐清水市

土佐の清水さば

さば漁師の仕事

立縄漁法
立縄漁法立縄漁法とは、テグスが縦に伸びて、テグスから横にむけ何十もの針が付いている方式で、さばが生息する水深150メートルほどまでも届く使用であり、年間を通じて安定した捕獲量が期待できる漁法です。
縄数
1人乗り:40鉢
2人乗り:55鉢
※資源管理も行っています。
仕掛けづくり
家族で準備家族で漁の準備を漁具倉庫等で行います。
サバはサバで釣る「サバはサバで釣る」餌は商品にならなくなったサバを、短冊状の切り身にして針に付けます。そのほかイワシ、サンマ、イカなども餌に使います。
出港
出港午前1時、真っ暗な中をサバ釣りの漁船が次々と港を出て行きます。漁の良いときは、その数は150隻以上にもなります。
漁場
足摺沖の漁場までは2時間から3時間。足摺沖の灯台が水平線から消えると、見えるのは仲間の船の灯りだけです。
  • 漁場
  • 魚群探知機1
  • 立て縄2
  • 立縄漁法3
  • 午前五時4
  • 勝負は夜明けまで5
  • 大切に釣り上げます6
  • 直接魚体に触れないように7

1.魚群探知機で魚を探します。

2.40組ほどの〈立て縄〉を1組ずつ流していきます。

3.土佐の清水さばは、漁獲のほとんどを立縄漁法によって行います。

4.午前五時、最初に投入した立縄から順番に引き上げます。

5.勝負は夜明けまで。サメの餌食にならないように…。

6.一尾一尾大切に釣り上げます。

7.直接魚体に触れないように針をはずしロープを使用します。

シークーラー
冷却水槽(シークーラー)一尾一尾、大事に釣り上げた清水さばは、漁船に備えられた冷却水槽(シークーラー)に入れて、活かして漁協へ持ち帰ります。
水揚げ
沖で釣った〈清水さば〉は、〈鮮魚〉と〈活魚〉の2種類に別れます。〈鮮魚〉は、沖でとれたものを海水氷で冷やして水揚げします。市場でセリにかけ、仲買人を通じて小売店や大手量販店に出荷します。〈活魚〉は、網ですくって漁協に設置されている〈活魚槽〉へ移します。
  • 船は全速力で港を目指します1
  • 魚は鮮度が命2
  • 活魚槽へ大急ぎ3
  • 活魚槽4
  • 丸1日以上泳がせる5
  • 元気に泳ぐ土佐の清水さば6

1.漁の後、船は全速力で港を目指します。

2.魚は鮮度が命。品質・鮮度管理を徹底しています。

3.網ですくって活魚槽へ大急ぎ。

4.生息水温に合わせた活魚槽。興奮をおさめ元気を回復させます。

5.活魚槽の中で丸1日以上泳がせ、魚のストレス、排泄物を取り除きます。

6.元気に泳ぐ土佐の清水さば。

活き締め
魚は鮮度が命。活魚の清水さばのほとんどは出荷時に〈活き締め〉にして〈血抜き〉をします。この方法が一番鮮度を保つのです。出荷は、高知市を中心に料亭や割烹、寿司店など全国各地に発送しており、個人へも注文に応じて宅配便で行います。
  • 活き締め
  • 活き締め
  • 活き締め
  • 活き締め
活魚
専用の活魚車を使って、土佐の清水さばを活かしたまま出荷もしています。
  • 活魚
  • 活魚
  • 活魚
  • 活魚
流通
 
  • 流通巨大都市、東京
  • 流通築地市場は24時間眠りません
  • 流通早朝から威勢のいい声が飛び交います
  • 流通土佐の清水さばも出荷され取り引きされています
このページに関するお問い合わせ
担当:土佐清水市 農林水産課

住所:〒787-0392 高知県土佐清水市天神町11番2号

電話:0880-82-1114/ファックス:0880-82-1131

メールフォーム

農業係
電話:0880-82-1114 内線:221
林業係
電話:0880-82-1228 内線:227
水産係
電話:0880-82-1114 内線:224
産業土木係
電話:0880-82-1114 内線:297
ページの先頭へ