本文へ移動
観光情報

高知県土佐清水市

ジョン万次郎

ジョン万次郎の歴史

1827年 0才 土佐の国中浜村谷前の漁師、悦介・母汐の次男として生れる。
1840年 13才 9才の時父死亡、10才で、中浜浦老役、今津嘉平宅の下働きに出る。
1841年 14才 正月5日足摺岬でのアジ、サバ漁中に漂流(10日間)九死に一生を得て、南海の孤島(鳥島)に漂着、わずかな留水と海草、海鳥を食して143日間も生きながらえる。
1841年
1842年
15才
16才
米国捕鯨船ジョン・ハウランド号に救助され、ホイットフィールド船長の保護を受ける。
漂流仲間とはホノルルで別れ、万次郎1人捕鯨船員として、太平洋へ乗り出す。
1843年
1846年
16才
18才
船長の故郷マサチューセッツ州、フェアヘーブンに帰港。オックスフオード校(初級)バートレット専門学校(上級)で、英語、数学、測量、航海、造船等の教育を受ける。
1846年
1849年
19才
22才
米国一流の捕鯨船フランクリン号の航海士として乗船し、大西洋から喜望峰をまわり、インド洋、更に大西洋での捕鯨航海へと、文字通り「7つの海」をかけ巡る。 ホノルルにも立寄り、仲間と再会する。1848年7月一等航海士副船長となる。
1850年 23才 アドベンチャー号を購入し、伝蔵(筆之丞)、右衛門の3人で母国へ帰る便船、サラボイド号の人となる。
1851年 24才 沖縄本島(琉球国摩文仁間切小渡浜)に上陸。
1852年 25才 那覇-翁長-島津藩鹿児島-長崎奉行所(白州での尋問18回に及ぶ)土佐藩主山内豊信公の命により、吉田東洋から70日の取り調べを受ける。
実に11年10ケ月ぶりに母汐との再会がかなう。(わずか5日間)
1852年 26才 土佐藩の士分に取り立てられ、高知城下の藩校「教授館」の教授となる。この時、後藤象二郎、岩崎弥太郎等が直接指導を受けている。
1853年 26才 老中首席阿部伊勢守からの召喚状が土佐藩の万次郎に届き、江川太郎左衛門の手附(秘書位)を拝命に、ご普請役格としての「幕府直参」となる。この時、生れ故郷の地名を苗字として「中浜万次郎」を名のる。
1855年
1857年
28才
30才
安政2年(1855)わが国最初の航海学書・年表(アメリカ合衆国航海学書)を筆書し、つづいて安政6年に英会話書(英米対話捷径)を編集する。
●西洋型帆船を伊豆で建造(直接指導)に当る。
●安政4年4月、軍艦教授所教授を拝任
●安政4年10月、捕鯨術教授のため箱館へ出発(箱館奉行所与力次席)
1860年 33才 批淮使節団の一員として、「咸臨丸」に乗り組む。艦長勝海舟、教授方通弁主務中浜万次郎他総勢96名、後の慶応義塾大学長福沢諭吉(当時26才)も同行し、共にウェブスターの英語辞書を購入したエピソードは有名である。
1861年 34才
35才
●外国奉行水野筑後守忠徳に同行し、小笠原諸島(父島、母島)の調査と図面造りをする。
1864年 37才 ●文久2年7月(1862)妻鉄病死(病死)
1866年 39才 ●薩摩藩の開成所教授となり、航海、造船、測量、英語を教授する。土佐藩主山内容堂公の依頼により、後藤象二郎等と藩校「開成館」の設立に寄与する。また二人は上海に渡り、土佐藩船を購入する。
1869年 42才 ●明治政府の命を受け、開成学校(現東京大学)の徴士(二等教授)となり明治3年には、中博士(教授)となって、最高学府の教壇に立つ。
1870年 43才 ●普仏戦争視察の一員として、ヨーロッパ出張。
1871年~
1898年
44才~
71才
●ロンドンから帰って間もなく、軽い脳溢血を起して倒れ、程なく全快するが、以後政治の全面には出ず、波乱万丈の半生に比べて誠に静かな晩年を送る。その間、中浜にも数度帰省し、老母(明治12年に86才で病死)を見舞った。
●東京京橋弓町長男中浜東一郎医博(岡山医学校教授)宅で71才の生涯を終える。
ページの先頭へ